山田寿治税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。

北陸税理士会所属

お気軽にお問合せください。
山田寿治税理士事務所
TEL:0778-21-0303
yamada-toshiharu@tkcnf.or.jp

所長のコラム

25周年を迎えて

ご挨拶

平成2年6月1日に越前市村国3丁目で税理士事務所を開いて以来、早いもので今年で25年を迎えることができました。顧みますと、何の計画もなく、一件のお客様もない状態でよく独立したものだと思いますが、当時34歳という若さがなしえた行動ではないかと考えます。
最初の事務所は3LDKの賃貸マンションでした。大型会計事務所が幅を利かすこの地域において、私の存在はちっぽけなものでしたが、ご紹介いただいた仕事に対しては、常に真面目にお客様の身になって取り組んでまいりました。
当時国高地区は国道8号線が開通し車の流れが従来と大きく変化し、郊外に新しいお店が出店している時で私のような者でも必要とされる環境があったのだと感じています。
おかげさまで、ゼロからのスタートの顧問先も年を重ねるごとに増加し、それに伴って従業員の数も一人ずつ増えていきました。
平成10年8月には、現在の地に念願の自社ビルを建て、翌年にTKC全国会へ入会させていただきました。TKCの会員になったことで会計業界の一歩先行く情報がタイムリーに入ってくるようになり、所内の研修体制も充実し、更なる事務所の発展につながったと感じています。
最近は税理士会の仕事で、金沢や東京への出張が多くなり、お客様には大変ご不便をおかけいたしておりますが、これらの経験は私をさらに大きく成長させて、なんらかの形でお客様に還元できるはずだと確信しております。
開業して25年。無我夢中で走ってきた気がします。『何事にも前向きに取り組みます』『何事にも感謝します』『何事にも愚痴を言いません』の3項目を行動指針とし、しっかりとお客様と向き合いながらこれから先もお客様のよき相談相手、よきビジネスパートナーとなり得るよう更なる努力、研鑽をしてまいる所存でございます。何卒、今後とも一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

平成27年6月28日

50歳をまえにして

私がこの業界に足を踏み入れたのは、昭和56年、24歳の時である。大阪市生野区、大阪環状線寺田町駅下車、駅前の生野商店街の中に会計事務所はあった。毎朝8時に出社、先生が出勤されるまでにトイレと事務所内の掃除そして入口のガラス磨きが日課であった。先生と奥様と私の3人だけの事務所で商店街の中をチャリンコ(大阪では自転車のことをそう呼ぶ)でお客様廻りをしていた。生野税務署にもチャリンコで行った。『もうかりまっか』『ボチボチでんなあ』コテコテの2年間であった。

昭和58年4月、8年間の大阪生活にピリオドを打って、武生へ帰ってきた。鯖江の野村一榮先生の事務所に勤務させていただき、若先生の下で税理士事務所のイロハを一から教えていただいた。租税に関する知識、お客様に対する考え方、会計事務所の方向性等々、現在の私の事務所経営の基礎となる部分はすべてこの時期に教えていただいたものである。

昭和61年7月23日税理士登録をさせていただいた。当時の北陸税理士会会長は武生支部の片岡輝昭先生で金沢の税理士会館での税理士証票伝達式にガチガチになりながら臨み、片岡先生までのテーブルの距離がとてつもなく遠く感じたことを昨日のように覚えている。今、会務で税理士会館に行くが当時感じた距離感はない。いかに偉大な存在であったかということである。

野村一榮先生の事務所には7年間お世話になった。平成2年4月、お許しを得て独立させていただいた。34歳の時である。ゼロからのスタートというと聞こえはいいが、お客様のいない寂しさは経験したものでなければ分からない辛さがあると思う。事務所に1枚の額がある。初めてお金を頂いたお客様への請求書と領収書の控が大切に入っている。これが私の事務所の原点で、ここ何年かは6月1日の創立記念日に職員にこの話をすることにしている。今年で開業して丸15年がたった。無我夢中で走ってきた気がする。『何事にも前向きに取り組みます』『何事にも感謝します』『何事にも愚痴を言いません』の3項目を行動指針とし、お客様・社員・取引業者・家族・地域社会と真摯に向き合って事務所経営を営むことが私のモットーである。この8月で49歳になる。残り15年、65歳になるまでは、第一線で頑張りたいと考えている。

平成17年7月20日 『北陸税理士界 第441号 会員寄稿』より